2013年2月22日金曜日

連載シリーズ「ほんやマ.のほん」第43回












はじめまして!
どんなことから書いて いいのかわからなくて すこしばかりあがっています。
会社の友達(辻井さんといって 私たちはみんな 修ちゃんと呼んでいます。)
修ちゃんから借りて ほんやマ.の本を読んでいます。
私は漫画が大好きで それに関するものはなんでも知りたくて 
修ちゃんと話している時 フトでた このほんやマ.のことが知りたくて 
無理いって ほんやマ.のほんを借りてしまいました。
これを読みながら思います。
私の小さい頃にも 近所に貸本屋さんがあって お金をにぎりしめて 
よく通ったものでした。今日は どんな本を読もうかと悩んだことを 
昨日のように覚えています。今では昔よりすこし お金持ちになったから 
好きな本を たくさん買うこともできますが 少ないおこづかいの中から 
借りて読んだ本は とてもうれしく また楽しい思い出のひとつです。
そして私のまわりから 貸本屋さんが無くなってから 
ずいぶんとたったような気がしてなりません。とっても残念です。
だからもし 私の知っている所にありさえすれば すぐ寄ってみたい
衝動にかられてなりません。だけど現実には 不思議なことに 近い所にないのです。
私はぜひほんやマ.の貸本屋さんに行ってみたいのです。
今でも読みそこねている たくさんの古い本を読んでみたいのです。
もちろん新しい本もですョ。

私の友人にも やはり漫画の大好きな友人がいて、2人してこんなことを話します。
「ほんやマ.にゆけば COMの古い本があるかもしれないね?」
「私 読みたい。昔の読んだことないもの。」
「なんとか 行きたいものねぇ」

最後になりましたが 私は22才。ある書店に勤めている女の子です。

     ☆     ☆

兵庫県に住む女の人からの便りです。
いつか きっと、ほんやマ.にいらっしゃい。


第42回に戻る第44回につづく

【雑誌 買取 価格 最新版】『ザ・ベストマガジン スペシャル Special 極』『ザ・ベストマガジン ランジェリー』などアイドル・アダルト・下着・フェチ系雑誌の買取価格です。

街のふるほんや「本のある暮らし」では 特に雑誌の買取に力を入れております。 『ザ・ベストマガジン スペシャル Special 極』 ¥ 10 ~200 『ザ・ベストマガジン ランジェリー』 ¥ 5 ~50 この記事は、買取金額のリストになります。 ご覧いただき、買取のご...