2013年3月22日金曜日

連載シリーズ「ほんやマ.のほん」第47回



















転校生といえば多いな。衛星都市の
特徴と、社会科の時間に先生はいった
けど、団地が1つ建つたびに、東京の子
がクラスに入ってくる。今じゃ、クラスの
6割が東京っ子だ。最初、彼らはもの
珍しさから”ほんやマ.”をのぞく。マンモス
団地の谷間に、ポツンと縁日の小屋が
あるのが不思議というわけだ。
縁日の小屋?表からは、5円や10円の
駄菓子やおもちゃ、それに群がるチビ
たちしか見えないもの。
でも、一歩中に入ると‥‥、あ、いたいた、
勝男に富田。チラと目が合って「や」。
あいさつはそれっきり。短いほどいいのだ。
立ち読みのじゃまをしないことが、常連の
最低のエチケットである。声高にマンガに
ついてしゃべったり、女の子のうわさを
したりするのは、マンガに入門したての
はしゃぎ者やBランクのやることだ。常連
になるやつは、もちろんマンガが好きだ。
そのほかに、この雰囲気、本箱の林の間
の薄暗くて静かな場所を愛せる者でなく
てはならない。そんな連中が黙ってそば
にいる。これが自転車のハンドルをここに
向けてしまうのだ。


第46回に戻る第48回につづく

【雑誌 買取 価格 最新版】『ザ・ベストマガジン スペシャル Special 極』『ザ・ベストマガジン ランジェリー』などアイドル・アダルト・下着・フェチ系雑誌の買取価格です。

街のふるほんや「本のある暮らし」では 特に雑誌の買取に力を入れております。 『ザ・ベストマガジン スペシャル Special 極』 ¥ 10 ~200 『ザ・ベストマガジン ランジェリー』 ¥ 5 ~50 この記事は、買取金額のリストになります。 ご覧いただき、買取のご...